オッソブッコのピエモンテ風   

2016年 06月 07日

オッソブッコのピエモンテ風煮込みを作りました(^^)
オッソブッコとは仔牛のスネ肉のこと。

b0145846_1326353.jpg


以前、コルドン・ブルーで習った料理。
とっても美味しくてお気に入りの料理のひとつだったのですが、
なかなか仔牛のスネ肉が手に入らなくて作れず・・・
先日、北海道産の仔牛のスネ肉を購入できたので、
久々作りました~!

b0145846_13261428.jpg


レモンピールやオレンジピールを加えた、
爽やかな味わいが美味しいんです~(*^^*)♪
お教室でもご紹介しますね。
サフランライスを添えるのが定番。
イタリア北部、ピエモンテ州の郷土料理ですが、
フレンチでも親しまれています。

仔牛のスネ肉はこんな感じ(^^)/

b0145846_13273162.jpg


断面そのもの~!!(笑)
じっくり煮込むと骨からお肉がはずれてしまうのですが、
なんとか原形を保ったのがこれ↓

b0145846_1328148.jpg


お肉はとっても柔らかく、
サフランライスとの相性は抜群です!
柑橘系の爽やかな香りは夏の煮込み料理にぴったり(^^)。

合わせたワインはDOCGワイン、
ヴィーノ・ノヴィレ・デ・モンテプルチアーノ2008。

b0145846_13372682.jpg


カナイオーロ・ネッロのまろやかな味わいが
オッソブッコに合いますね♪
バローロのようなボリューム感が強いワインも良いですが、
モンテプルチアーノのエレガントな印象も好きです(^^)

WINE SALON h
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

by chacochaco2008 | 2016-06-07 13:47 | 料理

<< クロックマダム オマール海老のアメリケーヌソース >>