豚肩肉とプルーンのエチュヴェ、シャブリ風味ソース   

2016年 10月 27日

豚肩肉とプルーンのエチュヴェを作りました♪
エチュヴェとはフレンチの調理用語で蒸し焼きのことです。

b0145846_9245511.jpg


以前、コルドンブルーで習った料理ですが、
コルドンでは豚カレ肉(背肉)といって
大きな骨が付いている肉を調理しました。
肉料理の実習では必ず骨を除去する作業から始まり、
取り除いた骨を使ってソースを仕上げていきます。
その間に肉をローストしたり、付け合わせを作ったり、
常に4~5個の鍋を火にかけながらの作業を
すべて一人で調理するので大変でしたね(+o+)
毎回、汗ダクでした(笑)

b0145846_99444.jpg


今回は自宅で作りやすいよう、豚肩肉を使いました。
豚肩肉の余分な脂を取り除き、筋切りして肉叩きで伸ばし、
中に鶏肉のファルスとプルーンを詰めて巻いていきます。
フライパンでリソレした後、オーブンでエチュヴェします。

ソースは白ワインのシャブリを使い、
プルーンとともに煮詰めていくのですが、
このソースがとても美味しいのです(*^^*)
コルドンのレシピは生クリームを使ったクラシックな作り方なので、
私流にアレンジし、クリームは使わず軽やかなソースに仕上げました。

少し手間がかかりますが、おもてなしにお薦めのレシピです♪
来月のクリスマスメニューでご紹介したいと思います!

WINE SALON h
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

by chacochaco2008 | 2016-10-27 09:35 | 料理

<< フヌイユとリンゴのレモンマリネ クリスマスプディング、自家製バ... >>