ル・バエレンタル   

2009年 04月 04日

昨日は円山公園近くにあるフレンチ、「ル・バエレンタル」へ行って来ました。
公園の緑の中に佇む瀟洒な一軒家は、優雅なひとときを過ごす
絶好のロケーションにあります。
平松宏之氏とフランスの三ツ星シェフ、ジャン・ジョルジュ・クライン氏が
コラボした、珠玉のフレンチ。訪れるたびに新しい発見と感動があります。

重厚なエントランスを入ると、暖炉があるウエイティングバーがあり、
どこかヨーロッパの山荘を思わせる温かい雰囲気。
その奥にダイニングルームがあり、数名で訪れるときには2階の個室もお薦め。

b0145846_12463480.jpg


ダイニングルームの真ん中にあるアイランド。
スタイリッシュな花と、贅沢なシルバーウエアに冷やされたシャンパーニュが
ラグジュアリーな空間を演出しています。

b0145846_1237896.jpg


お花はグリーントリュフと呼ばれるものだそうです、珍しいですね。

シャンパーニュのときに供されるアミューズ。
ホタルイカのマリネ、そしてストローの中にはグリーンピースの冷製スープ。

b0145846_1364753.jpg


毎回、このストローのスープは季節によって変わり・・・
もちろん、このまま「じゅるっ!」と吸って頂きます。
この後にも、焼きたて一口ピザやビールの一口ソルベなど
ちっちゃいもの倶楽部が続き、どれも口に入れた瞬間に笑みがこぼれる味!
そして、アミューズ三種。

b0145846_12343560.jpg


手前の赤ピーマンのムースの滑らかさといったら!まさにムース「泡」。
お聞きすると、エスプーマで液体窒素ガスを注入しているとのこと、なるほどね。

そして、前菜。オマール海老とゆり根のニョッキ・エストラゴンの香りと共に・・・

b0145846_12351343.jpg


ゆり根のニョッキが想像とは違う新食感で驚き!
アルギン酸を加えることによって固まるらしく、通常のニョッキの作り方とは
全然違う茹でないニョッキだそうです・・・もう、化学の世界~!脱帽です。

フォアグラのソテー・ラヴィオリ仕立て、かぼちゃのクーリ添え。

b0145846_132843.jpg


温かいかぼちゃのクーリは目の前で注いで頂き、この下にフォアグラのソテーが・・・。

真鱈のポワレ・野菜のポトフ仕立て、キノコのムースリーヌ添え。

b0145846_1342655.jpg


鱈のふっくらとした身とポワレのバターが絶妙。
キノコのムースリーヌは、先月のお教室のヴェルモットソースに近い味。
なんて、また怒られそうですが・・・でも基本のソースの作り方は同じだと思います。
泡も同じ・・・こちらのほうが、ふんだんに泡がありますが。

メインはラムの瞬間スモーク・マディラソース、タイムの香り。

b0145846_12414195.jpg


乳飲み子羊、とーっても肉質が柔らかく、桜のチップで燻製にした表面が
香ばしくて美味しい。

デザートは温かいチョコレートのビスキュイ、レモンと蜂蜜のソルベ添え。

b0145846_1445075.jpg


中からは熱々のガナッシュが出てきました。ジンジャークリームが美味。

そして、お得意の綿あめ登場!

b0145846_1344845.jpg


今回はピンクグレープフルーツ味。とってもとっても美味しいです!
さらにプチフールと続き・・・

b0145846_14464960.jpg


最後は、お誕生日祝いのケーキ。

b0145846_124449100.jpg


そうなのです、今回はお誕生祝いのディナーでした。
美味しいワインと素晴らしい料理に舌鼓を打つ、至福の夜でした。
と同時に、化学の力を追求した新しいフレンチに刺激を受けた夜・・・
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-04-04 15:17 | 食べ歩き

ロイヤル・クラウン・ダービー   

2009年 04月 02日

期限付き航空券が余っていたので、札幌の実家へ帰って来ました。
まだまだ風が冷たい北海道、桜の季節は来月ですね・・・寒っ!

マリー・アントワネットで思い出したのですが、
以前、イギリスで「ロイヤルアントワネット」というシリーズの
ティーカップセットを買いました。

b0145846_21101889.jpg


船便で日本へ送ってもらった品々。
「古伊万里」シリーズで有名な、ロイヤル・クラウン・ダービー社のもの。
英王室御用達の至宝の陶磁器メーカーです。

b0145846_219545.jpg


縁取りは24金、花柄の周りに星が入っていて
ありえない組み合わせでありながら、上品さを失わないところがさすがです。

b0145846_2174212.jpg


こてこてのアンティーク路線ですが、クラシックな美しさというのは
普遍的なものですね・・・
札幌の実家でも、かなりテイストが合わないのですが(笑)、
食器棚の中で鎮座しております。
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-04-02 21:45 | お気に入り

薔薇の花束   

2009年 04月 01日

薔薇のギモーヴを作ったら、薔薇の花束を頂く縁があり、
まったくの偶然なのですが・・・これって、引き寄せの法則??
と、思っておきましょう~

薔薇って、あまりにもベタすぎて、なかなか自分では買わないですが、
存在感は圧倒的なものがありますね。

b0145846_22385818.jpg


ベルサイユ宮殿を彷彿させる古典的な美しさ。
「琥珀の間」くらい立派なボールルームでもあるとよいのですが(笑)・・・
あ、それはロシアのエカテリーナ宮殿でした。

b0145846_22401610.jpg


いつも、こんな素敵な花に囲まれていたら
気分はマリー・アントワネットって感じですね~
やっぱり、ベルサイユ宮殿のイメージ・・・
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-04-01 23:32 | お気に入り

お持たせ   

2009年 04月 01日

今日は、お世話になった友人のところへお持たせを。
もうマカロンジャンキーとしか言いようがない!?
最近、ようやく安定して生地が作れるようになってきたので
出来上がり見たさに思わず作ってしまう・・・

フランボワーズとショコラ味。

b0145846_028891.jpg


黙々と作ること40個。
職人の気分です・・・
絞りの練習にもなるし、何といっても、この整列がたまりません~

b0145846_0304552.jpg


焼いてるときも、ピエが出てくるのがたまらないし~
底がふりふりと持ち上がる過程をじーっと眺めているのが好き。

b0145846_0342036.jpg


これをジャンキーと言わずして何というのでしょう・・・
何と言われようともマカロン道は続きます。

コルドンのときの同級生が桜風味のマカロンを作ってくれたことがあります。
淡いピンクのマカロンに桜の花がのせてあり、中のバタークリームも
桜風味でとても美味しかったです。
桜を愛でながら、桜風味のマカロン・・・日本の春ですね~
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-04-01 01:04 | お菓子

薔薇のギモーヴ   

2009年 03月 31日

今日は来月のメニュー作り・・・やりたいことがいろいろあって、迷ってしまいます。
一日、コルドンのルセットや料理本を眺めてはイメージ作り。
考えてばかりだと煮詰まってくるので、ついつい違うことをしてみたくなり・・・
お菓子作りって、作ってるときは「無」になれるので気分転換に良いですね。

薔薇の香りのギモーヴを作ってみました。

b0145846_2341229.jpg


ギモーヴとは、仏語でマシュマロの意味です。
何故、突然マシュマロ作りかというと、
お教室で毎日カスタードクリームを作り、卵白が残っているからです。
マシュマロかマカロンかフィナンシェでも作らないと永遠に闇に葬られそうなので・・・

b0145846_2341961.jpg


ローズウォーターで、薔薇の香りを加えてみました。
もう少しピンク色にしたかったのですが・・・
お店で売られているギモーヴは甘すぎて好きではないのですが、
自分で作ったものは甘さ控えめで、ふわふわ美味食感!

札幌の円山公園にあるフレンチ、「ル・バエレンタル」の食後のプチフールで
頂くオレンジのギモーヴがとっても美味しいのです。
それも長ーい紐状になっていて、好きな長さにカットしてくれるのです。
ま、そんな何十センチも食べられませんが・・・
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-03-31 00:07 | お菓子

今月最後のお教室   

2009年 03月 29日

今日は今月最後のお教室の日でした。
お越し頂いた皆様、有難うございました!
未熟な私を温かく見守って下さり、そしてアシスタントさんのように手伝って頂き、
感謝の気持ちでいっぱいです。洗い物もいつも綺麗にして下さって、有難うございます。
皆様のご親切なお気持ちに支えられて、お教室が成り立っております。
いつか、皆様にお礼ができる日が来ますことを願っております・・・
いつだろー!?

今月の前菜、リエットとビーツのコンフィチュール、プッチーナ添え。

b0145846_21392692.jpg


b0145846_21361535.jpg


自家製天然酵母のバゲットに、リエットとコンフィチュールをのせて
お召し上がり頂きます。これ、ホントに白ワインが進みます・・・
スパイスが効いたビーツのコンフィチュールも人気。

そして、天然真鯛のブレゼ・ヴェルモットソース。

b0145846_2273360.jpg


b0145846_21371270.jpg


長崎県産の天然真鯛。
春らしい組み合わせが大好評でした!
デサートはイチゴのトライフル。
皆様の作品です~、とってもラブリーでかわいらしいですね。

b0145846_2138865.jpg


是非、ご自宅でもお作りになられて下さいませ!
これからも皆様に喜んで頂けるメニューを作っていきたいと思います。
宜しくお願い致します!
また、来月のお教室ですが、全クラス満席となってしまいました。
お越し頂けない皆様には大変申し訳ございません。
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-03-29 22:15 | 料理

今月のワイン   

2009年 03月 28日

今日はお教室の日でした。
今月のワインは皆様に大好評でした!
白ワインといえば、シャルドネかソーヴィニョン・ブランが一般的ですが、
今回はメインのお料理に合わせてリースリングを選んでみました。

フランス、アルザス地方のリースリングです。
細長いボトルが特徴的で、辛口タイプ。

b0145846_22592538.jpg


柑橘系の香りが爽やかでありながら果実味が豊かで、コクがあり、
まろやかな口当たり。

こちらのワイン、有機農法で作られたビオワイン。
コルクを開けた瞬間の自然な微発砲が心地よい美味しさです。

b0145846_23135750.jpg


天然真鯛の濃厚なソースにとても合います。
お教室では料理のソースや調理法に合わせて、いろいろな品種、
いろいろなタイプのワインをお出ししたいと思います。
魚だから白、肉だから赤というだけではなく、
さらに一歩進んで料理の味に合わせたワインの楽しみ方を
ご紹介したいと思います!
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-03-28 23:27 | ワイン

マカロン・オ・ショコラ   

2009年 03月 27日

今日はお教室の準備の日。
今週はハードスケジュールのため、さすがに体調崩し気味・・・
明日、明後日とお教室が続くので頑張らなければ。
そんな状況の中でマカロン製作に着手してしまう・・・

またしても、マカロン・オ・ショコラ。
今日はプロセス写真付き。

b0145846_22235425.jpg


最初はふんわりメレンゲでございます~
この過程も美味しそうで好きです。
そして、マカロン作りの重要なポイント、マカロナージュ。

b0145846_22244937.jpg


ここで、しっかりとメレンゲを潰し、艶のある生地に仕上げます。
この加減が難しいのです。潰し過ぎはダメ、潰し足りないのもダメです。

b0145846_22212854.jpg


そして、めでたく焼きあがり・・・ピエもちゃんと出ていて、ひと安心。
しかし、大量に焼くとオーブンの焼きムラが生じることが判明。

b0145846_2225599.jpg


ちょっとずつしか焼けないとすると、やっぱりマカロンって手間がかかります~
でも、この愛らしいフォルムにまた惹かれてしまうのですが・・・
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-03-27 23:01 | お菓子

バルサモ・ビアンコ   

2009年 03月 27日

今日はお教室の日でした。
毎回、皆様との楽しいひとときをご一緒させて頂き、有難うございます。
いつかお教室の皆様とお食事会、もしくはガーデンパーティーを開きたいです。
って、ガーデンはないので・・・恵比寿のQEDクラブあたりのイメージですが。

いろいろな方との交流の場にして頂いたり、ほんの少し日常の生活から離れて
優雅なひとときをお過ごし頂く機会になれば、嬉しいですね。
是非、実現させたいと思います!
素敵なお教室ライフをお送りしましょう~

一人で妄想の世界に入ってしまいました・・・正気に戻りまして、
先日、バルサモ・ビアンコなるものを頂きました。

b0145846_0435043.jpg


いわゆるバルサミコ酢の白バージョンです。
イタリアのマルピーギ社がモデナ産のぶどうのみを使い、伝統的製法で
5年間熟成させた珍しいバルサミコ。

白身魚のカルパッチョや、野菜のマリネなどに合うそうで・・・
通常のバルサモ・ディヴィーノ同様、ボトルもお洒落。
綺麗なシャンパンカラーはオー・ド・トワレのようです。

さっそくお料理に使ってみたいと思います!
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-03-27 01:15 | お気に入り

ピアット・スズキ   

2009年 03月 26日

麻布十番にあるイタリアン、「ピアット・スズキ」へ行って来ました。
狭い店内はいつも満席。今回もテーブル席では予約が取れず、カウンターへ。
オープンキッチンの内部が見渡せるので、特等席でもあります。

シェフの鈴木弥平氏は、もともと麻布十番の名店「クッチーナ・ヒラタ」にいらした方。
クッチーナ・ヒラタといえば、メニューがないことで有名。
お任せで美味しいものを頂くのですが・・・値段がわからないところが怖い。
隣りの席にキムタクがいたり、毎回サプライズありのお店です。

で、ピアット・スズキはメニューがあります(笑)。
クッチーナ同様、メニュー以外でもいろいろな調理法でお出ししてくれます。
今回も我儘を言って、アレンジしてもらいました。

アミューズには金目鯛の炙り。これが、とても美味しかったです!
まずは、ヤリイカと季節野菜のフリット。

b0145846_23191077.jpg


今が旬のヤリイカはとても柔らかく、ふきのとう、たらの芽など日本の食材を
混じえたフリットはボリュームたっぷり。
サザエのガーリック焼き。

b0145846_2317675.jpg


真ツブのように大きなサザエは食べ応え十分です。
エスカルゴバター風味は、自ずと白ワインが進みます~
パスタ・ジェノヴェーゼ。

b0145846_23183145.jpg


こちらはもともとガルガネッリでしたが、スパゲッティに変更してもらい、
ジェノヴェーゼ本来の味を楽しみました。
イタリアのジェノヴァは電車で通っただけなので、本場ジェノヴェーゼなるものを
未だ食べたことがありません・・・いつか食べたい!

待望のモリーユ茸のリゾット。

b0145846_23225445.jpg


シェフに伺ったところ、空輸で取り寄せたフレッシュモリーユだそうです!
2日間、水につけて砂出しをし、再び乾燥させたという手間のかかった処理。
カウンター越しに「あまりにもガン見してるから、ふんだんに入れました」と、シェフ。
こちらもタリオリーニからリゾットへ変更してもらった一皿。絶品です!

もうメインが入らず、ドルチェへ。
ザバイオーネ。

b0145846_23174537.jpg


通常のサヴァイヨンとは違い、珍しいケーキ仕立てのドルチェです。
相変わらず、独創性のある美味しいイタリアンを頂きました。
肩肘はらずに好みのスタイルで楽しめる、大人の隠れ家ですね。
いつも満席で隠れ家とは言えませんが・・・
ブログランキングに登録しています!よろしくおねがいします。 人気ブログランキングへ

# by chacochaco2008 | 2009-03-26 00:00 | 食べ歩き